Firefoxの利用アドオンまとめ 2010年3月版

前にまとめたのが、2008年9月時点でのFirefox用アドオンまとめだったので、すごくひさしぶりにまとめてみます。 Firefox3.6が来たと言う事で恒例のアドオンメモとかはてなダイアリーには書いてたりしたんですけどね。このブログは7ヶ月も使ってないな……。

一年半も経つと少々変わっているのでまとめ方も常時・一時と分けてみました。現在のバージョンはFirefox3.6です。

わりと重要順に。

常時利用アドオン

rein(テーマ)
初期から常用しているOS依存のモノクロデザイン。シンプルで最高です。 カスタマイズしてあなたの色に染めてください。 とあるので色が変えられるっぽいのですが、難しい。 rein Toolbar チュートリアルでなんとなく把握。今度試そう(忘却フラグ)。 Personasを入れられない理由。rein大好きだー!
Text Link(テキストリンク)
ttp://example.com/やp://example.com/などのURLテキストをダブルクリックでリンクしてくれる。 個人的にCtrlとダブルクリックで新規タブ。これがないと困るほどに。デフォルトでリファラ送信になっている場合もあるので、“通知しない”に変更した方がいいかもしれない。
SBMカウンタ
各種ソーシャルブックマークへ対応。はてなブックマーク常用としてはなくてはならない。 中毒さが分かる私のはてブ。 まとめてコメントが読めるのがいい所なのだけど、サイトによって崩れる……強制指定出来ないかな…。あと、Wikipediaがブックマークしづらいのでたまに困るw アイコンダブルクリックか右クリックして“はてなブックマークに追加”で対応。 メジャーアップデートのたびに少々不便になるフラグ発生(笑)
Link Widgets
Link要素が書いてあるとそれをたどれる。prevとnextや連番(1.jpg→2.jpg)などを自動で辿ってくれるのでとても便利。サイトはそれで楽してrel="prev"を書かないなど手抜きしている。
Make Link
指定書式で自動作成、とリンク作成に便利ですよね。前回のブログじゃいれてなかったか…。 現在は“Twitter、HTML、hatena、HTML title、HTML li”な感じで使用してます。主にTwitter…ってなんという。
Element Properties
何故3.6はコンテキストメニュー(右クリック)のプロパティがなくなってしまったん? と言うことで入れました。URLの上でプロパティ→該当部分をコピペ、をよくやっていたのでなくなったらすさまじく不便な…。
Stylish
userChrome.cssとuserContent.cssをブラウザ上で、と再起動もなく一時的な有効無効に切り替えられるのも便利です。 でも、ずっと適応し続ける場合はuserChrome.cssとuserContent.cssに書いた方が軽いだろうけどね。 Stylishでテキストを純粋に読むユーザCSS(自分向け)、とこんな感じで適応してます。
Context Style Switcher
昔はあった機能らしい。コンテキストメニューにCSSの切り替えを追加してくれる。 カスタマイズでナビゲーションツールバーにも表示することが出来るので楽になりました。
CSS Reloader
なぜか、サイト閲覧中にCSSだけ読み込めない事があるので、CSSのみをリロードしたい時に利用。 コンテキストメニューかF9でリロード出来るので便利。主に後者。 自分のサイトでちょろっとCSS調整したいと思い立った時に使う時も。何度もリロードしたくないですよねー。
FxIF
ブラウザでExif情報が見れて便利。「イラストって言ってるのにこれ写真じゃないですかー!やだー!」
YesScript
あえて、NoScriptではなくJavaScriptのブラックリストで無効化。
Download Statusbar
右下へ出現する“ダウンロードが完了しました”、がとても重くて苦しんだ経験から必須である。 ダウンロードメニューをシンプルにしてくれる。
User Agent Switcher
ユーザエージェントを切り替えられる。しばらく入れてなかった時期もありましたが最近復帰。メニューが豪華になっていて便利でした。
Selection Links
入れたばかりなので一番下でw ドラッグで選択したURLを開いてくれる、とどうかなー。h抜きは対応していないけど、テキストのURLも開いてくれるらしい。レビューは→Mozilla Re-Mix: 選択したURLをまとめて扱うことができるFirefoxアドオン「Selection Links」で。

一時利用アドオン

常時有効にしていると重いからねぇ。アドオン→無効化→再起動、と適当に。今はタブ復帰があるので気軽に出来ます。

Greasemonkey
現在はpixivとニコニコ動画だけ、と言うアレな内容なので、ステータスバーのアイコンクリックで一時無効にしている。
Firebug
HTMLとCSS構造把握に便利。 StylishでのユーザCSSとたまに新調するサイトのCSS用なので、アドオンメニューで無効化。月一程度で利用しているw
Japanize
英語サイトを日本語に翻訳。deviantARTやAkinatorとかに便利ですよね、ってあまり使ってないので無効化。前にいつ使ったかな…。英語も慣れだ(書けない)。

前回と比較して利用してないもの

またいつか利用するかもしれないので一応……。

HTML Validator
表示するとそのページをローカルに保存するのでウイルス騒動の時に…。Validに興味が低くなったので、たまにHTML-lintする程度となってしまった。
Google Pagerank Status
興味がry と重くなるのもアレなのでアドオン最小派になったせいで終了。と言うか3.6に未対応だったか。
Adblock Plus
Stylishで消したりして不要に。高速回線になったのでブログパーツも消すことがなくなったり。広告は見るよ!
XHTMLルビサポート (XHTML Ruby Support)
前回書いたものとの間に利用してたのですが、痛いニュース(ノ∀`)などすさまじい量のHTMLテキストデータを読み込むせいかしょっちゅうクラッシュしていたので。……小説程度でしたがまあ。無効化を適度に利用すればよかっただろうか。
gPDF
Googleドキュメントで見れる、と重いので保存した方が速かった。

終わった……。アドオン減らして軽量化☆のはずが増えてるじゃないですか!やだー!w 今回は基本的にAdd-ons for Firefoxへリンクを変更しました。

おまけ

sqliteの最適化はSQLite Optimizerを使っていた時期もありましたが、

@FOR %%I IN (*.sqlite) DO ( sqlite3 %%I VACUUM; )
@FOR %%I IN (*.sqlite) DO ( sqlite3 %%I REINDEX; )

for %%I in (.) do set DIRNAME=%%~nI%%~xI
set LOCALSETTINGS=..\..\..\..\..\Local Settings\Application Data\Mozilla\Firefox\Profiles\%DIRNAME%

sqlite3 "%LOCALSETTINGS%\urlclassifier3.sqlite" VACUUM;
sqlite3 "%LOCALSETTINGS%\urlclassifier3.sqlite" REINDEX;

上記のように_vacuum.batを作ってsqlite3.exeを実行するようになりました。で、上記のソースはどこだっけ…失念。Firefoxを終了して不定期に実行するので楽です。

ついでにページの履歴とキャッシュはクリアするようにするとすさまじく軽くなります。ページの履歴はplaces.sqliteですが、履歴をクリアするだけで…w

Posted at 2010-03-21 16:52 in 感想 » firefox

スポンサーリンク

Recent entries from same category

Navigation Link

Tag